スライダー

アクア用語集

【栄養塩】植物の栄養源となる無機塩類の総称

更新日:

「栄養塩」とは?

植物の栄養源となる無機塩類の総称。アクアリウムにおいては主に、硝酸塩・リン酸塩・ケイ酸塩を指すことが多い

「栄養塩」とは、生物が正常な生活を営むために必要とする塩類の総称で、その内容は対象となる生物の種類ごとに異なります。なお、アクアリウムにおいて「栄養塩」と言う場合は一般的に、植物の栄養源となる無機塩類を指します。窒素を含む「硝酸塩」、リンを含む「リン酸塩」、ケイ素を含む「ケイ酸塩」などがその代表格として挙げられます。これらの栄養塩は、「硝化作用」、「餌」、「水道水」などといった様々な要因により水槽内へ蓄積されていきます。

アクアリウム 水槽 栄養塩

植物の栄養源となる栄養塩は、生態系が構築されるうえで重要な、言わば「食物連鎖の基盤」となる物質です。しかし狭い水槽内における過剰な蓄積は、水質悪化やコケ(藻類)の発生及び成長の促進、また多くの生物(特に無脊椎動物)に対し様々な悪影響を及ぼしてしまいます。そのため、水槽内の栄養塩濃度は常に低く保つようにしましょう。
しかし、栄養塩は基本的に生物ろ過により分解されることはありません。そのため水槽内から除去するためには、「水換え」、「脱窒菌による脱窒」、「植物による消費」などの処置を行う必要があります。

なお、自然界においてこれらの栄養源が過剰発生した結果、植物プランクトンが異常増殖し海面が赤く染まる、通称「赤潮」と呼ばれる現象が発生します。この赤潮の発生原因には様々な憶測が挙げられていますが、未だ完全には解明されていません。

スポンサーリンク

カテゴリー一覧

✉お問い合わせはこちら

✉お問い合わせはこちら
info@jf-farm.com

-アクア用語集

Copyright© Jelly fish farm ARCADIA , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.