スライダー

アイテムリンク 海水魚 海水魚飼育図鑑

「デバスズメダイ」の販売値段・通販おすすめアイテム紹介

更新日:

こちらでは、デバスズメダイの飼育関連アイテム(生体・餌・混泳可能生物・おすすめアイテム等)に加え、本種関連のグッズ(図鑑・写真集・フィギュア・インテリア・ファッション等)も多数ご紹介していきます。

デバスズメダイ飼育関連アイテム

通販での生体販売値段

 

 

おすすめの餌

テトラ マリン(メニュー)

アクア用品の大御所メーカー「Tetra(テトラ)」より販売されている、海水魚用フードの人気シリーズ、「テトラ マリン」。消化に優しいフレークタイプやゆっくりと沈むグラニュールなどが有名ですが、こちらもかなり魅力的です。
ビタミン強化フレーク海藻強化フレークミニグラニュールブラインシュリンプ。この4種類の餌が1つの容器に!生体の健康を考えたその日のメニューが自分で作れる、おすすめの一品です。

 

ひかりプレミアム メガバイト(レッド)

日本が世界に誇るHikari(ひかり)ブランドでお馴染みの「キョーリン」より販売されている、最高の喰い付きを実現した人工飼料「メガバイト」シリーズ。こちらはその、動物食・雑食性用タイプ(動物性原料を豊富に配合)になります。生菌剤(ひかり菌)が腸内で活性化し、粒を分解。体内で栄養素がより吸収しやすくなるようにサポートしてくれます。ゆっくりと沈む粒は魚の目にも止まりやすく、「超微粉砕技術」によりその口当たりは非常になめらか。嗜好性は抜群の人工飼料です。

 

 

混泳におすすめの生体

スズメダイの仲間では珍しく、性格が非常に温厚で他の魚をいじめることもないデバスズメダイ。どんな生体ともうまく付き合っていくため、「混泳におすすめの生体」をご紹介するのはかえって難しいかもしれません。

しかしあえて挙げるのであれば、「他の生体に悪影響を与えない」という観点から、ハタタテハゼやオヨギイソハゼ等といった「臆病で他の魚との混泳は難しい生体」には適しているのかもしれません。水槽内に彩りを与え(群れも可)、かつ縄張り意識も強くなく、他の生体をいじめることもないデバスズメダイ。臆病な生体も、彼らとならば上手く付き合っていってくれるかもしれません。

ハタタテハゼ 飼育方法 販売価格
【ハタタテハゼの飼育方法】飛び跳ね注意!キュートで美しいハゼ

こちらでは「ハタタテハゼ」の飼い方について、学名・英名・全長・水温・餌・混泳(喧嘩)・寿命・繁殖・かかりやすい病気などの要点を踏まえつつ詳しく解説していくと共に、関連グッズのご紹介も行っていきます。 ...

続きを見る

 

 

おすすめのデバスズメダイ飼育アイテム

カミハタ ヴォルテス

水槽内を鮮明に美しく照らす照明(ライト)。光は魚達の成長や体色に大きく関係する要素であり、また時間の感覚(生活リズム)を与える、健康維持に必須のアイテムとも言えます。そして海草や藻類、褐虫藻を共生させた生体(サンゴ・イソギンチャク・クラゲ)等の、「光合成を行う生体」にとっては必要不可欠な代物でもありますね。光の当たり方によっては、体がエメラルドグリーンに輝くデバスズメダイ。彼らが群れで泳ぐ姿は、まさしく息をのむ美しさです。

 

 

 

デバスズメダイ関連グッズ

図鑑・フィギュア・インテリア等

スズメダイ(ネイチャーウォッチングガイドブック)

クマノミやデバスズメダイ、ルリスズメダイ、リュウキュウスズメダイ等、知名度の高い人気種が数多く存在するスズメダイたち。この本には、そんな小さくて美しいスズメダイの仲間がなんと200種も登場!その種類ごとに雌雄や成長による色・見た目の変化地域別のバリエーション種の特徴などがダイバーである筆者自らが描くオリジナルイラスト付きで詳しく紹介されています。

 

Visual Guide デバスズメダイ

サンゴ礁の海で美しく光り輝く人気海水魚「デバスズメダイ」。本書では、彼らの隠れ家繁殖・産卵行動同居魚敵対生物などについてが詳しくご紹介されています。じっくりと時間をかけて撮影されたデータにより様々な角度から「生態の面白さ」が見えてくる、フィッシュウォッチングガイドのおすすめ入門書。

 

 

スポンサーリンク

カテゴリー一覧

✉お問い合わせはこちら

✉お問い合わせはこちら
info@jf-farm.com

-アイテムリンク, 海水魚, 海水魚飼育図鑑

Copyright© Jelly fish farm ARCADIA , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.